Daydream

全ては泡沫のごとく、ただ溶けて消えていくだけ。。。

【風の海 迷宮の岸】十二国記シリーズepi:2


スポンサーリンク

麒麟は天意の器にすぎません。かえして言えば、麒麟に意志などありはしない。ただ天の意志が通り抜けていくだけ』

それはなんだか不可思議なことのように思う。麒麟を知れば知るほどに…。

【風の海 迷宮の岸】十二国記シリーズepi:2

風の海 迷宮の岸

風の海 迷宮の岸

魔性の子】を読んだ身としては、待ってましたと言わんばかりの物語。

高里要の失った記憶。神隠しの秘密。

彼が行方不明の間、何が起こっていたのか。彼は一体、何を忘れてしまったのか。

その秘密が暴かれる。

反面【月の影影の海】を読了直後の身としては、少しばかり虚を突かれたような気がしなくもない。

ついに慶王が践祚し、これからどのような国を作っていくのか。

国造りはさぁこれからだと思ったその矢先、時間軸は別のところへ飛んでしまった。

【風の海 迷宮の岸】あらすじ

世界の中央に黄海がある。

海といっても水はない。そこで流れてゆくものは時と風ばかり。そのほかには果てのない砂漠と果てのない樹海と、あるいは一面の沼地が、あるいは一連の岩山がひろがるばかりの土地である。

そんな黄海の周りを、海と十二の国が、まるで幾何学模様のように取り囲んでいる。

国の名前は、柳・雁・慶・巧・奏・才・範・恭・・舜・漣・芳。

本作はこの中のどの国でもなくて、世界の中心部、黄海での物語。

黄海にある蓬山。そこで麒麟は生まれ、育つ。

戴国の麒麟、泰麒もそのはずだった…。

麒麟は王を選び、王にお仕えする神獣。金の果実として蓬山の木に実り、親はいない。かわりに、女怪はその実が孵る日までの十月を、かたときも離れず、守り続けるはずだった。しかし、大地が鳴り、大気が歪む蝕が起きたとき、金の実は流されてしまった!

それから十年。探しあてた実は、蓬萊で“人”として生まれ育っていた。戴国の王を選ぶため連れ戻されたが、麒麟に姿を変える術さえ持たぬ泰麒。幼い少年の葛藤が始まる。

麒麟はどのように生まれ、どのように育てられるのか。どのように成長し、どのように王を選ぶのか。

麒麟の心情の移り変わりが細やかに描かれている。

前作【月の影影の海】とのつながり

【月の影影の海】でも景麒は王を選んだはずだったけど…。ドサクサに紛れすぎていてイマイチよくわからなかった。そもそも景麒の目線ではなかったし。

今度は王目線ではなく、麒麟目線で描かれている。

本作にも景麒が登場するので必見。少し意外な一面を見ることができる。

それから延王と延麒も…。

さすが玉座に五百年君臨するだけあって、時系列がどこに移動してもどこにでも出てくるw

どこにでも出てきて、いつでも変わらない二人に癒やされる(*´ω`*)

天啓とは何か。麒麟はどのように王を選ぶのか。

罪悪感に苛まれ、それでも跪き、泰麒は誰を王にするのか。

 

はぁ…。目が離せないっ!

 

新潮文庫は上下巻じゃないんだね。ホワイトハートは文字数少ないんだなぁ…。

どちらにせよ、面白すぎてあっという間に読み終わる。

そんな感じ!